肌のポツポツに効果的な「アンミオイル」。その効果や特徴を口コミから検証!

肌にポツポツができてしまうとなんだか老けた印象になるだけでなく、肌触りや化粧ノリにも影響が出てしまいます。

ここで紹介するアンミオイルは、肌にできてしまったイボのようなポツポツや硬くなってしまった角質を改善するのに効果的な商品です。年齢と共に低下してしまう肌の新陳代謝にとって嬉しい働きかけをするスキンケアオイルで、代謝の低くなってしまった年齢肌にとっては嬉しい、肌をいきいきとよみがえらせる成分や、肌を柔らかくする効果が期待できます。

ここではそんあアンミオイルがなぜイボなどのポツポツに効果が期待できるのかを実際の使用者の口コミも交えて紹介します。

 

アンミオイルってどんな商品?

そもそも肌にポツポツができる原因って?

アンミオイルについて紹介する前に、肌にポツポツができる原因について知っておきましょう。

肌のポツポツの原因は、その多くが角質硬化によるものだといわれています。肌には、ターンオーバーという肌の生まれ変わりの周期があり、このターンオーバーの周期が年齢やストレスなどによって乱れてしまうことで、古い角質が排出されずに肌に蓄積してしまうことによって、角質硬化に繋がってしまうのです。

こういった肌のポツポツを改善するためには、まずターンオーバーの周期を正常化することが最も大切です。スキンケアの力を借りることで、ターンオーバーを正常化し、角質硬化の改善に繋げることができるため、自分だけでどうにかしようとするよりも、より簡単に角質硬化の改善をすることができるといえます。

 

皮膚をリセットするアンミオイル

アンミオイルは、肌のできてしまったイボのようなポツポツに対してどのような働きをするのでしょうか。ここでは、その効果について紹介します。

アンミオイルには、ターンオーバーを正常化して、肌を柔らかくする効果や、肌を滑らかにする効果、乾燥を防いで肌のバリア機能を高める効果、肌荒れを予防する効果、肌をいきいきとさせる効果などが期待されています。

これらの効果はアンミオイルの主要成分である杏仁オイルをはじめとした天然成分の力によるものだといえます。

 

このような方におすすめ!

アンミオイルは、肌のポツポツが気になる方や、肌のキメを整えたい方、敏感肌でも安心して使える商品を探している方、目立つ毛穴をどうにかしたい方、くすみを改善したい方、肌の乾燥が気になる方、肌を引き締めたい方、肌に凸凹があり化粧のりが気になる方などにおすすめです。

年齢肌による悩みにもおすすめで、肌を優しくやわらげ、滑らかな状態に導いてくれる効果があるとされています。

 

 

アンミオイルの特徴は?

こだわりの成分を配合

アンミオイルには、しっかりと効果を感じて、安心して使用できるようにとこだわった成分配合されています。ここでは、それらの成分について紹介します。

 

・杏仁オイル

杏仁オイルに含まれているパルミトレイン酸は、肌を柔らかくなめらかな状態へと導く成分です。杏仁オイルは100%だと刺激が強すぎるため、アンミオイルに配合されている杏仁オイルの配合量は70%となっています。これは、開発元が何度も試作を重ねた結果たどり着いた黄金比率となっており、配合量が多くても少なくても効果が感じられない杏仁オイルの難しい課題をクリアしているといえます。

 

・ヨクイニンエキス

ハトムギの実から抽出された成分で、化粧水によく使用されています。肌をなめらかな状態にする働きを持っています。

 

・トコフェノール

天然のビタミンEの一種で、抗酸化作用を持ち、血行促進作用もあるとされています。抗酸化作用とは、老化の原因であるといわれている活性酸素を除去する働きのことを言い、これによってくすみやシミなどの肌トラブルを予防することにもつながります。

 

・ヨモギエキス

ヨモギの葉から抽出されたエキスで、肌をなめらかにしてキメ細かい肌へと導きます。

 

・グリチルレチン酸アテアリル

甘い草の根から抽出された成分で、抗炎症効果や肌荒れを防止する効果を持っています。

 

・キョウニン油

杏の種に含まれている成分で、肌の潤いを保って肌のバリア機能を向上させる効果が期待できます。

 

アンミオイルの主成分「杏仁オイル」は、常温生絞り製法で抽出されている天然の成分です。杏仁が持っているビタミンやミネラルがしっかりと生きていて、香りも自然のもののため、塗っている間は優しい香りに包まれて心をリラックスさせることがdけいます。

敏感肌でも安心!肌に優しい処方

アンミオイルは、ヨモギエキスが防腐剤の代わりを果たしてくれるため、肌に刺激のある防腐剤は入っていません。

また、オイルはもともと酸化しやすい性質を持っていて、酸化したオイルを使用することで肌には負担がかかってしまうのですが、アンミオイルに使用されているオイルは空気に触れても酸化しにくい不乾性油を使用しているため、酸化しにくい性質を持っています。それ以外にも、パルミチン酸とステアリン酸が肌に保湿する膜を張ってくれるため、外部からの刺激による肌トラブルを避けることができます。

 

アンミオイルの気になる口コミ

ポジティブな口コミ

・数年前から首に大きくて目立つイボができていて、とても悩んでいました。その大きさは3㎜ほどで、正面から見ても目立っている上に2つも合って本当にどうしたら良いのかわからないまま、なんとかストールなどで首元を隠すなどして過ごしていました。

アンミオイルを使用してみると、なんとキレイさっぱりなくなってとても驚いています。自己流でマッサージをしながら使っていたのですが、1週間ほど経つと、イボがカサカサとしてきて、2週間経つころにはキレイに取れたんです。使うのをやめてしまうとまたポツポツとしたものができ始めたので、今は予防のために使い続けています。少し難点を挙げるとすると、ベタつきが気になること。今は夜だけ使っています。

 

・最初の1週間は効果を感じられず、失敗したなと思いながら使っていました。まだ残っていたので使い続けたところ、1ヶ月経つころには気になっていたイボがほとんど目立たなくなり、サイズがかなり小さくなっていることに気付きました。使い続けるほどに効果が実感できているので、今ではリピート購入しています。

 

・友人から勧められて、半信半疑で購入しました。夜塗ると翌朝ハリが出ているのを実感しています。また朝塗ると終日肌がしっとりと潤っているのを感じられ、乾燥肌の私にはぴったりの商品だと思っています。使い始めて約2週間で首のイボが取れました。使い続けていると気になっていた首元のポツポツの数が減っているように感じています。いきなりポロっと取れるというよりは、徐々に小さくなっているのを感じました。

 

ネガティブな口コミ

・使ってみると、目の周りが赤くなって肌が荒れてしました。私の肌にはどうやら合わなかったようです。他のオイルもダメだったので、オイル自体が合わないみたいで、オイルを使うことをやめました。花粉症や鼻の粘膜に良いと聞いたので、綿棒を使って鼻の中に塗っていると、毎年悩んでいた鼻づまりがなくなったのは良かったです。値段が高いので継続して使うことは難しいと思っています。

 

・使用感はさらっとしていて気に入っていますが、イボに対してはかなり時間がかかってしまいそうです。マッサージも毎日何分も続けることが難しいので、私には長期間続けられそうにありません。肌は保湿されるので、気に入ってはいますが、値段的に高いのも続けられない要因です。

 

効果の実感の仕方や期間には、人それぞれ違いがあることがわかりました。しかし薬ではないので焦ることなくコツコツと続けることが効果実感のための重要なポイントとなるようです。

 

最後に

首のイボや顔にできてしまったポツポツは、病院で取るにはお金がかかるし、自力ではなかなかとることが難しいものです。イボやポツポツに悩みを持っていて、自分ではどうしたら良いのかわからなくて悩んでいる方は、ぜひ一度アンミオイルを試してみてはいかがでしょうか。天然由来の成分がしっとりとキメ細かくなめらかな肌へと導いてくれますよ。

 

Read More

ジーランドビフー化粧品の「アンミオイル」は目元や首元のイボ解消に効果的!その効果を検証!

目元や首元などに知らぬ間にできてしまっている小さなイボのようなものに悩まされている方も少なくないのではないでしょうか。これはニキビとはまた違って、古い角質が硬くなったものといわれています。

このようなイボに効果的なアイテムとして、今話題になっているのが、ジーランドビフー化粧品の「アンミオイル」です。

ここでは、そんなアンミオイルの効果や価格、実際の使用者の口コミなどを紹介します。

 

目元や首元にできいてしまうイボの正体とは?

目の周りや首元、デコルテや脇などに、ニキビではないポツポツとしたイボのようなものができてしまい、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この正体は、「角質粒」と言われる古くなってしまった角質が硬くなってできてしまったものだといわれています。

大きさは1㎜~3㎜ほどで、さほど目立つわけではありませんが、盛り上がるようにしてできてしまいます。特に首元にできやすいとされていますが、その他にも目の周りや胸元、脇の下など皮膚の薄い場所にできやすいものとして知られています。

これは、加齢と共に新陳代謝が衰えることによって、古くなってしまった角質が剥がれ落ちないまま残ってしまうことで蓄積されて、イボのようなポツポツになってしまいます。

 

 

アンミオイルの効果とは?

古くなった角質が硬くなってできてしまうイボに効果的として今、話題になっているのが「アンミオイル」です。

ここからはアンミオイルのどのような成分がどのような効果を発揮するのかを紹介します。また、合わせて効果的な使い方や気になる価格などについても紹介します。

 

肌をリセットする杏仁オイル

アンミオイルに配合されている成分の代表格が杏仁オイルです。これは、天然の脂肪酸で、加齢の進んだ肌に働きかけて、正常な肌の状態に導いてくれる働きを持っています。

できてしまった角質粒は、硬くなった角質と共に肌を柔らかくすることが必要不可欠です。これが角質粒を早く解消するポイントになります。

杏仁オイルには、パルミトレイン酸が豊富に含まれており、皮膚を柔らかくしてなめらかな状態にしてくれる働きを持っています。そのため、ポツポツとできてしまったイボをケアしながら、健康的な肌状態へと導いてくれるのです。

また、杏仁オイルを100%配合してしまうと、肌への刺激が強くなるため、アンミオイルは黄金比率と言われている杏仁オイル70%配合とされています。

 

アンミオイルの配合成分って?

アンミオイルには、肌に優しい7つの主要成分が配合されています。ここでは、それらの成分について紹介します。

 

・キョウニン油

バラ科の杏の種子から取れる油で、肌に潤いを与えて保湿する効果を持っています。

 

・月見草油

アカバナ科の植物の種子からとれる油で、アレルギーによる炎症に効果的なγ-リノレン酸が含まれています。

 

・ヨクイニンエキス

イネ科のハトムギの実から抽出されたエキスで、肌を柔らかくして、滑らかにしてくれる働きを持っています。

 

・トコフェロール

ダイズや菜種から抽出される天然のビタミンEです。抗酸化作用を持ち、肌荒れにつながる過酸化脂質の発生を予防する効果を持っています。

 

・ヨモギエキス

キク科のヨモギの葉から抽出されるエキスで、ヨクイニンエキスと同様に、肌を柔らかくして滑らかにする効果が期待できます。

 

・ミリスチン酸オクチルドデシル

ヤシから抽出することのできる成分で、肌をしっとりと保湿する働きを持っています。

 

・グリチルレチン酸ステアリル

甘草の根から抽出される成分で、肌を健やかに保つ働きを持っています。

敏感肌でも安心な肌にやさしいオイル

アンミオイルは、ヨモギの使用によって防腐剤の不使用を実現された商品です。また、それ以外にもオイルと相性の良い成分を組み合わせることによって、界面活性剤も配合されていません。香料や着色料も不使用で、杏仁の持つ本来の黄色のみが出ており、その香りも杏仁豆腐のようにまろやかで自然な香りとなっています。

また、配合されている成分は100%」天然由来成分で、肌に優しいため、敏感肌の方でも安心して使用できる商品といえます。

 

アンミオイルの正しい使い方

アンミオイルは、毎日朝晩、洗顔後の清潔な肌に使用するのが効果的とされています。化粧水の後に使用することで、化粧水が導入剤のような役目を果たし、さらに肌の奥にまで浸透するといわれています。

使用量は、1円玉大のアンミオイルを手のひらにとって、顔や首などのイボやポツポツが気になる部分に乗せて、マッサージするように優しく塗り広げます。その後、蒸しタオルで1~2分ほど優しく押さえることによってより効果的に肌の奥に浸透します。

使用期間の目安は、ケア初期であれば約1ヶ月、ケア終了後から予防期間であれば約2ヶ月で良いとされています。

 

購入方法と気になる価格

アンミオイルは、Amazonや楽天などの大手通販サイトからも購入することができますが、会員登録や定期コースにするとさらにお得になるため、公式サイトからの購入が最もお得といえます。約1ヶ月分(30ml)を通常価格で購入すると、税抜7,560円となりますが、会員価格なら5%オフとなり税抜7,180円、さらに定期コースに申し込むと滴価格は10%オフとなり、税抜6,800円で購入することができます。

定期コースには毎月お届けコースと2ヶ月毎のお届けコースが用意されています。

定期コースは最低3回分の継続が条件となっているため、しっかりと続ける意思があり、長期的にお得に購入したいという方におすすめです。

 

 

アンミオイルの気になる口コミ

楽天やYahoo!ショッピングで、「ポツポツケア№1」の実績があるアンミオイル。多くの口コミサイトや通販サイトに口コミが寄せられており、話題になっています。ここでは、そんな口コミから効果がでるまでの期間や肌への効果、使用感などについて紹介します。

 

効果がでるまでの期間は?

アンミオイルは、実感までの期間は人それぞれですが、イボの大きさや形状によって個人差があるようです。早い人の場合、使い始めてから2週間ほどでイボが解消されたり、小さくなったりという口コミも見られました。

また、1ヶ月で解消されたというものや6ヶ月継続してようやく効果を実感したというものもあります。

このことから、改善されるまでの期間は様々あり、改善後のケアや予防の必要になることから、アンミオイルは毎日しっかりとケアすること、また根気よく継続してケアできる方におすすめのアイテムといえるでしょう。

 

肌に対する効果はあるの?

アンミオイルを毎日使用することで、肌の状態が良くなったという口コミが多数見られました。特に首周りについては、使用前よりもきれいになった、赤みが解消された、毛穴が目立たなくなったというものも見られました。

アンミオイルを塗る前にマッサージをしたり、蒸しタオルを使用することで、肌の血行が促進され、良い効果が出ることにつながっているといえます。

 

使用感はいいの?

アンミオイルは、みずみずしいテクスチャーのためベタつきを感じることなく使いやすいという意見が多数見られました。杏仁特有の香りがありますが、こちらは人によって好みがわかれるようです。

アンミオイルは、朝晩のスキンケアに1ステップ取り入れるだけという簡単ケアのため、誰でも使用しやすく、手軽に使えるという点も魅力のひとつといえます。

 

最後に

目元や首周りにできてしまったイボに効果的とされるアンミオイルは天然由来の成分を配合しているため、敏感肌の方でも安心して使用できるといえます。古くなってしまった角質が硬化してできてしまったポツポツには、ニキビとは異なったケアが必要ですが、何をしたら良いのかわからない方や、長年イボのようなポツポツに悩まされている方は、ぜひ一度試してみて、キレイで理想的な肌を目指しましょう。

 

Read More

数ある洗顔の違いって?人気の高い洗顔と使い方を紹介!

洗顔は毎日行うもので、美肌ケアには欠かすことのできないもの。しかし洗顔と一言で言っても石鹸やクリーム、ジェルなど様々なタイプがあり、どれを選べば良いのか迷ってしまうことも少なくないのではないでしょうか。

ここでは、そんな洗顔料が本来持つ役割と、その効果的な使い方を紹介します。また、人気の洗顔料も合わせて紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

洗顔の役割とは?

洗顔の役割は大きく2つ

洗顔の目的は、大きく2つあります。1つは、顔についてしまった汚れを落とすこと。そしてもう1つが肌のコンディションを整えることです。ここからは、それぞれの目的について詳しく紹介します。

 

汚れを落とす

日常生活を送っていると、人間の肌は様々な汚れが付着してしまいます。大気汚染やほこり、空気中の雑菌、自分自身から分泌される汗や皮脂、メイク汚れなどなど、見えないだけで顔にはたくさんの汚れが付着しているのです。顔は布で覆うこともしないことから、こういった汚れは毎日除去しなければ肌トラブルの原因となってしまいます。

汚れを落とすための洗顔料は、水だけでは洗い流すことができない汚れにアプローチする必要があります。

洗顔は基本的に水溶性の汚れを落とすもののため、メイクなどはクレンジングを使用して落とした後で、洗顔を使用するのが通常です。

 

肌のコンディションを作る

洗顔をした後に行うのはスキンケアです。洗顔のもう1つの目的として、このスキンケアのために肌コンディションを整えるということ。

毛穴が詰まっていたら、せっかくスキンケアを行っても美容成分が奥まで浸透しなくなってしまいます。そのため、洗顔ではスキンケア前の肌のベースを作るという役割があるのです。洗顔は軽く考えがちですが、立派なスキンケアのひとつと言っても良いでしょう。

 

洗顔にタイプはあるの?

洗顔のタイプとは

ここからは、洗顔のタイプとその特徴について紹介します。

 

・クリーム

多くがチューブに入っているタイプの洗顔料で、手のひらにとってしっかりと泡立てて使用します。最も一般的な洗顔料といえます。また、クリームタイプは種類も非常に豊富で、香りや泡立ちなど自分の好みに合わせて選ぶことができます。また、固形石鹸と比較すると空気に触れないことから酸化しにくく衛生的な点がメリットと言えるでしょう。

 

・固形石鹸

古くから使用されているのが固形タイプの洗顔料です。アルカリ成分が多く、洗浄力が高い点がメリットです。しっかりと汚れを落とすことから、すっきり感を求めている方におすすめの洗顔料といえます。混合肌や脂性肌の方との相性は抜群です。

 

・泡タイプ(フォームタイプ)

容器から出した瞬間に泡の状態になって出てくるタイプの洗顔料のことをいいます。泡立てる手間や時間がかからないことから、スキンケアの時間を短縮したい方におすすめです。しかし、泡立ちを保つために添加物が配合されている場合が多いことから、敏感肌の方にはおすすめできません。

 

・リキッドタイプ

固形タイプと同じく洗浄力が高い洗顔料です。固形タイプと比較すると水分量が多いのが特徴です。泡立ちは非常に軽く、手が濡れていても出しやすいため、お風呂場での使用も可能です。オイリー肌の方と相性の良い洗顔料です。

 

・パウダータイプ

酵素パウダーとも呼ばれる洗顔料で、石鹸が粉末になっています。水分がないことから、保存料などの添加物が少なく、肌に優しいというメリットがあります。しかし、しっかりと泡立てるためにコツが必要です。

 

・ジェルタイプ

水溶性の洗顔料で、ぷるぷるとした透き通る弾力のあるテクスチャーをしています。クレンジングにもジェルタイプがあるように、非常に肌なじみが良いため、洗顔しながらマッサージもしたいという方におすすめです。

 

洗顔料には「弱酸性」と「弱アルカリ性」の2種類があり、肌バランスの理想としては弱酸性です。そのため、肌にとって良いのは弱酸性ですが、洗浄力が弱いというデメリットがあります。

アルカリ性の洗顔料は汚れや皮脂などをしっかりと落とすことができますが、敏感肌の方にとっては刺激が強い場合があるため、できる限りサンプルなどで試してみてから購入する方が安心だといえます。

 

今人気の洗顔を紹介!

最近の口コミランキングとは?

ここからは人気のある洗顔料について紹介します。今回は大手口コミサイトの口コミランキングから、人気の洗顔料のタイプをピックアップしていきます。

 

1位:クリームタイプ

市場にも最も多く出回っているのがクリームタイプです。口コミでも最も多く取り上げられています。敏感肌~普通肌の方が多く使用しており、泡立ちが良いという点において高評価を得ています。

 

2位:パウダータイプ

パウダータイプの中でも人気が高かったのが、シュワシュワとはじけるタイプの酵素洗顔。パウダータイプは、肌質問わず人気の高い洗顔料ではありますが、乾燥肌や敏感肌の方が比較的多く口コミを投稿していることがわかりました。

 

3位:ジェルタイプ

肌に馴染みやすく、毛穴汚れも落としやすいという点が高評価につながっているジェルタイプ。得に脂性肌や混合肌の方の毛穴の黒ずみなどの悩みを解決してくれるとのことで、人気が高くなっています。

 

トップ3はクリームタイプ、パウダータイプ、ジェルタイプのものということがわかりました。洗顔は様々なタイプがあることから、自分の肌質に合った洗顔料を、口コミなどを参考に見つけてくださいね。

 

洗顔のコツとは

しっかりと泡立てる!

洗顔料は基本的にしっかりと泡立てて使うようにしましょう。泡立ちが少ないと摩擦が起こってしまい、肌に負担をかけてしまいます。

毎日行う洗顔で摩擦が起こってしまうと、日々の積み重ねによって、肌のエイジングサインなどのトラブルへと繋がってしまいます。

泡が多いのは、摩擦を避ける以外にも、スムーズに洗い流しやすいというメリットがあります。泡立ちが悪い状態で洗顔料を洗い流そうとすると、なかなか落とすことができず、洗い残しの原因になる可能性があります。同様の理由から洗顔料を選ぶ際は、泡切れの良いものを選ぶように心がけましょう。可能であれば、サンプルやトライアルなどで使用感を確認してから本品購入すると安心です。

 

洗顔の手順とは

洗顔の手順は以下の通りです。

 

①しっかりと泡立てる

②泡をつぶさないように顔に乗せて、指の腹を使って優しく洗う

③人肌に近いぬるま湯で、丁寧に泡を洗い流す

④摩擦が起こらないように、柔らかいタオルで優しく水滴を拭き取り、スキンケアを行う

 

洗顔のポイント

洗顔料を泡立てる際は、クリーミーな泡が作れる泡立てネットを使用するのがおすすめです。また、固形タイプのものは、蒸れやすく菌が繁殖してしまう可能性があることから、風通しの良い場所で保管するようにしましょう。

洗顔前にホットタオルなどを使って毛穴を開かせておくと、毛穴に詰まった汚れが落ちやすくなります。

 

最後に

様々なタイプがある洗顔料ですが、肌質や配合成分などによって選ぶ必要があることがお分かりいただけたかと思います。また、洗顔には正しい使い方や使用のコツもあることから、自分に合ったもので毎日正しく使用できるものを選ぶことが大切です。

テクスチャーや価格帯、ブランドなどを絞っていくと比較的簡単に適切なものを選ぶことができるので、ぜひ自分に合った洗顔料を見つけて、毎日のスキンケアの質を上げて美肌を目指しましょう。

 

Read More

セラミド配合化粧品の効果とは?選び方と使い方を紹介!

最近、保湿成分としてポピュラーになった「セラミド」ですが、実は人間の肌にもともと存在する成分で、肌のバリア機能を守る役割を持っています。

セラミドを配合した化粧品は、数多く存在していますが、どれを選べばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、より効果的なセラミド化粧品の選び方や使い方について紹介します。

 

セラミドとは?

セラミドが持つ役割

人の肌がもともと持っている成分「セラミド」は、主に肌の潤いを保つ、肌のバリア機能を高めて外的刺激から守るという2つの機能を持ちます。

この2つの機能は美肌に欠かすことはできません。セラミドが肌にしっかりと定着していれば、肌はみずみずしくキメ細かい状態を維持することができるのです。しかし、セラミドは年を取るごとに減ってしまうため、しっかりと補うことが大切です。

 

年と共に減少するセラミド

セラミドは、元々肌に存在する成分ですが、加齢や紫外線などの肌刺激、スキンケアなどによる過度の刺激によって減少してしまいます。このようにセラミドが減少してしまうと、シワや乾燥の原因となるだけでなく、バリア機能が弱まることによって刺激を受けやすくなり、肌トラブルが起こったり、肌のキメが粗くなったりと様々なエイジングサインが出てしまいます。こういった事態を避けるためにも、セラミドを補うことが大切です。

 

セラミドは化粧品での補給が効果的

セラミドは、牛乳やこんにゃくなどに含まれているため、食べ物でも摂取することができますが、スキンケアで外側から補給するのが最も手軽で効果的だといわれています。

洗顔に配合されている場合は、一緒に洗い流してしまうため、美容液などの基礎毛所品で補給を行うのが良いでしょう。

 

セラミド配合化粧品の選び方

セラミド配合の美容液やクリームで補給する

セラミドは、化粧水や美容液、クリームなど様々なものに配合されています。しかし、同じ化粧品でもタイプによってはセラミドの効果が変わってくる場合があります。

セラミドは油溶性の成分のため、水に溶けにくく油に溶けやすい性質を持っているため、化粧水などの水タイプのものに均一に混ぜることは難しく、効果が薄れてしまいます。

セラミドをしっかりと補給したいという場合は、オイルタイプの美容液やクリームなど油分がしっかりとあるスキンケアを選ぶことで、効果を実感しやすくなります。

 

セラミドの種類によって効果が変わる

セラミド配合化粧品を選ぶ際のポイントはもう一つあります。それは、セラミドの種類です。セラミドには人の肌に近いものと、そうでないものが存在しています。

ここからは主なセラミドの種類を紹介します。

 

・天然セラミド

ほ乳類から抽出されたセラミドのことで、人間の肌に馴染みやすく、比較的効果のあるセラミドです。

 

・バイオセラミド(ヒト型セラミド)

人間が本来持つセラミドと同じ構造と言われており、酵母を使って製造されています。これらのセラミドはセラミド2、セラミド3などと表記されています。ちなみに人間の肌には、11種類のセラミドが存在すると言われています。ヒト型セラミドの中でも使いやすく、効果が得られやすいと人気の高いものが、「セラミド1、2、3、6」です。原材料を確認し、このセラミドの名前が記載されているかを確認するようにしましょう。

 

・植物性セラミド

小麦やお米などから抽出されたセラミドのことで、ヒトが持つセラミドとは大きく構造が異なります。そのため、バイオセラミドなどと比較すると効果は薄いといえます。

 

・合成セラミド

石油由来の化学セラミドで、比較的安価で販売されています。しかし、化学合成品であるため、肌にとっては刺激が大きく、効果もあまり見込めません。

 

セラミドと言っても、様々な種類があるため、「セラミド配合」と記載されていたとしても全てが肌に良いというわけではありません。天然セラミドやバイオセラミドが配合されているかとしっかりと確認することが大切です。

また、セラミドは、あまりに高濃度な場合、肌に負担がかかってしまう可能性があります。使用する際はパッチテストを行ってから使用する方が安心です。

また、セラミド化粧品を選ぶ際のコツとして、商品の原材料一覧にセラミドの文字が表記されている順番を見るようにしましょう。前から10個以内にセラミドが表記されていれば、セラミドが高配合されているという証となるため、高い効果を期待することができます。

 

セラミドと相性が良く保湿効果の高いものを選ぶ

セラミドは油溶性の成分ではありますが、水分とも相性が良いため、保湿効果の高い化粧品を合わせて使用することで、相乗効果を得ることができ、より高い保湿力とバリア機能が期待できます。

セラミドと相性の良い成分は、保水力の高いヒアルロン酸や、保湿として有名なグリセリン、アミノ酸、ハリや弾力に効果的なコラーゲンなどがあります。

肌のバリア機能を高めるためには、水分補給は欠かすことができません。保湿をしっかりと行うことで、セラミドの効果も高まるため、セラミドが配合されていることがわかれば、次はこれらの成分が配合されているかを確認しましょう。

 

肌刺激が少ない成分を選ぶ

セラミドを補給しても、肌に負担がかかってしまう成分が入っているとその効果がしっかりと実感できない場合があります。エタノールや合成香料、合成着色料、合成界面活性剤などの成分が多く配合されている化粧品には注意しましょう。

こういった肌刺激の多い成分が多く配合されているか見極めるコツは、原材料一覧に記載されている順番を確認してください。最初の方にエタノールや合成着色料などの名前が出ていた場合は、注意が必要です。

 

効果的な化粧品の使い方

優しく触って摩擦を避ける

クレンジングや洗顔、化粧水などの全ての段階において、肌への摩擦を避けるように心がけましょう。せっかくセラミドを補給しても、前段階でダメージを与えてしまっては意味がありません。スキンケアを行う際は、指の腹を使って優しく肌に触れましょう。また、コットンなどを使用する場合は、水分をたっぷりと含ませて、肌を擦らないようにしてください。

しかし、優しく触れるからといって、メイクや汚れが残ってしまっては意味がないため、優しく触れながらもしっかりと汚れを落とすようにしましょう。そうすることで、スキンケアによって補給する成分が肌の奥にしっかりと浸透させることができます。

 

手で温めて肌に乗せる

クリームタイプなどは冷たくなってしまうため、セラミド配合の化粧品を使用する際は、手で10秒ほど温めてから肌に乗せるようにしましょう。そうすることで、肌馴染みが良くなります。

 

パッティングで浸透アップ

クリームなどを塗った後に、手を肌に密着させて化粧品の美容成分を浸透させることで、肌の奥に届けることができます。振動を与えることで、血行が促進されてより効果的だといわれています。こちらも肌の刺激にならないように、指の腹を使って優しく行うようにしましょう。

 

最後に

人間の肌にもともと存在するセラミドは、肌の保湿だけでなく、ダメージを受けにくいように肌を守る役割も担っている成分です。

しかし加齢やストレスなどによって減少してしまう成分のため、しっかりと補給することが大切です。

最近肌にハリがなくなった方や、肌トラブルが頻繁に起こるようになったという方は、セラミドをしっかりと補給するために、セラミド配合の化粧品を使用するように心がけましょう。セラミドの特徴を理解して、美しい肌を目指しましょう。

 

Read More

美肌のためのスキンケアって?それぞれの肌質に合った方法を紹介!

肌は人からよく見られる部分のため、肌の状態をキレイに保てるように毎日のスキンケアは重要です。しかし、スキンケア方法は人によって異なり、どんな方法が自分に合うのかもわからない方が多く、中には間違ったケアをしている方もいるようです。

特に習う機会もなく、教えられたスキンケアが自分に合うとは限りません。

実はお肌は、人によって肌質が変わるため、気をつける点も異なります。そのため、正しいスキンケア方法がわからないというのは、当たり前のことで恥じる必要はありません。

ここでは、それぞれの肌タイプに合ったスキンケア方法と、毎日のお手入れ方法について紹介します。

 

自分の肌質を知る

肌質によってスキンケア方法は変わる

人によって顔や身長が異なるように、肌にも個性があることから、スキンケアには正解というものは存在しないと言われています。人によって合う成分は異なり、適切なスキンケア方法も洗顔方法も変える必要があります。

まずは自分自身の肌タイプを知るところから始めましょう。肌タイプには大きく分けて4タイプあります。

 

・敏感肌

敏感肌の方は、肌が敏感でバリア機能が弱まっているために、肌トラブルが起きやすい方のことを言います。敏感肌の特徴としては、スキンケアで痒みが出たり、染みたりする場合がある、肌に赤みがある、ニキビができやすい、アレルギーやアトピーではないが、肌が荒れやすいというものがあります。

 

・乾燥肌

その名の通り、肌が乾燥しており、肌が硬くごわついている状態のお肌のことをいいます。肌本来の保水力が低下していて、皮脂量も少なく表面が乾燥しています。乾燥肌の方は季節問わず乾燥している方が多いといいます。

乾燥肌の特徴としては、肌の水分が不足している、皮脂が少ない、お風呂上りや洗顔後にかさつく、ツヤがない、思春期にも関わらずニキビがあまりできなかったというものがあります。

 

・脂性肌

テカリが気になる方は脂性肌といえます。食生活やホルモンバランスによって、皮脂が過剰になることで、脂性肌に繋がってしまうと言われています。

脂性肌の特徴としては、水分・油分共に過剰に分泌される、肌がベタついて、テカリがある、ニキビや吹き出物が出やすい、毛穴が目立ちやすいというものがあります。

 

・混合肌

顔の中で皮脂バランスが異なるのが混合肌(コンビネーション肌)です。混合肌は、ほとんどの場合Tゾーン(額~鼻)に皮脂が多く、目元や頬など他の部分は乾燥していることが多いと言われています。

混合肌の特徴は、皮脂が少ない部分、多い部分がある、水分が多い、洗顔後、部分的に突っ張る、季節によって肌コンディションが変わるというものがあります。

 

肌タイプに合ったスキンケア方法とは?

スキンケアの役割と使い方

ここからは、基本的なスキンケアの役割や使い方について紹介します。

スキンケアには洗顔から保湿までそれぞれ役割があることを理解した上で、正しく使用することが大切です。

 

・クレンジング/洗顔

スキンケアの最初のステップであるクレンジングと洗顔には、それぞれ役割があります。

まず、クレンジングはメイクを落とすという役割を持ちます。メイク汚れが肌に残ってしまうことで、肌トラブルの原因になってしまうため、クレンジングの段階でしっかりとメイクを落とすことが大切です。

洗顔は、肌の皮脂や汚れなどを落とす役割があります。洗顔は肌自体の汚れに効果的で、肌に残ってしまったクレンジング剤や皮脂、ほこり、外気など付着した汚れを洗い落とします。

<それぞれの正しい使い方>

・クレンジング

まずは自分の肌タイプに合ったクレンジング剤を選びましょう。メイクが濃い方はオイルやバームタイプのクレンジングがよく落ちます。ナチュラルメイクの方は肌刺激が少ないミルクタイプやウォータータイプなどがおすすめです。

洗い流すタイプのクレンジングは、肌に摩擦がかからないように、優しくマッサージするように汚れを浮かせます。メイクが浮いたら、ぬるま湯か水で洗い流します。W洗顔が不要のタイプの場合は、顔の水滴を拭き取りスキンケアに入ります。そうでない場合は洗顔に移ります。

 

・洗顔

クレンジング後や起床時に行います。洗顔をする際は、しっかりと泡立てて、その泡を優しく肌に乗せて汚れを浮かせます。洗顔の際はつい力を入れがちですが、指の腹を使って摩擦が起こらないようにしましょう。

 

・化粧水

化粧水は、スキンケアのベースになる大切なステップで、洗顔後に塗布することで顔に浸透していくため、自分の肌に合うものを使用することが大切です。化粧水の目的は、洗顔で洗い流された水分の補給や、肌コンディションを整えること、また美容液などに配合されている美容成分を浸透させるための導入剤の役割も持っています。

 

<正しい使い方>

メーカー毎に異なる目安量を手、またはコットンに含ませて、顔の内側から外側にかけて塗り広げます。しっかりと顔に隅や細かい部分にも浸透させるようにしてください。

均一に塗り広げることができたら、手やコットンで優しく抑えるパッティングを行い、肌に化粧水を浸透させましょう。

 

・美容液

美容液は水溶性のものが多いため、化粧水と乳液の間に塗ります。乳液など油分の多いものの上から塗っても、うまく浸透されずはじかれてしまうためです。

美容液は、不足している美容成分や保湿成分を補うことを目的としており、肌の栄養補給をしてくれます。

 

<正しい使い方>

化粧水の後に塗るのもが一般的ですが、プレケアタイプの美容液の場合は化粧水の前に塗ります。塗るタイミングに関してはメーカーの指示に従うようにしましょう。

化粧水と同じく、顔の内側から外側にかけてムラなく塗るようにしてください。スキンケアは内側から外側にかけて塗布するのが基本です。こちらも化粧水と同様に塗り終わったら手で押さえて浸透させましょう。

 

・乳液、クリーム、オイル

乳液やクリーム、オイルは、化粧水や美容液などで補った水分や栄養分に油分で蓋をする役割を持っています。皮脂が多い方でも、水分や栄養分などを逃がさないためにある程度油分を乗せるようにしてください。全く塗らずに乾燥してしまうと、皮脂が余計に分泌されてしまうので、注意しましょう。

 

<正しい使い方>

美容液と同じ手順で、顔の内側から外側に塗り広げて浸透させます。

 

肌質別のスキンケアの選び方

・敏感肌

敏感肌の方は、肌刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。また、万が一合わなかった時でも、返金などの保証があるものを選ぶと良いでしょう。

選ぶ際のポイントとしては、無添加でアルコールフリーである、返金保証がある、抗炎症作用を持つ成分が配合されているという点です。

 

・乾燥肌

乾燥肌の方は肌の水分や油分を補って、かつ長時間持続するものを選びましょう。

選ぶ際のポイントとしては、保湿成分であるコラーゲンやスクワラン、ヒアルロン酸などが配合されている、アルコールフリーである、高濃度なクリームタイプである、クレンジングに関してはクリームやミルクなど肌の水分を奪いにくいものという点です。

 

・脂性肌

脂性肌の方は、水分と皮脂のバランスを整えられるスキンケアを選ぶようにしましょう。

選ぶ際のポイントとしては、クレンジングに関しては皮脂も落とせるオイルタイプのものである、さっぱりとしたスキンケアでも保湿成分はある程度配合されているという点です。また、毛穴ケアのできるピーリングなどを取り入れると皮脂詰まりに効果的です。

 

・混合肌

混合肌の方は、皮脂が過剰に分泌されている状態ではありますが、乾燥が起因している場合が多いため、保湿機能をしっかりと持つスキンケアを選ぶことが大切です。

選ぶ際のポイントとしては、美容成分をしっかりと配合していること、保湿効果が高いことを意識しましょう。また、皮脂が過剰な部分には、クレイパックなどを使って皮脂を洗い落とすのも良いでしょう。混合肌の方は毛穴が詰まりやすいため、毛穴ケアができるものを合わせて使用するものおすすめです。

 

最後に

スキンケアで美肌を維持するためには、まず自分の肌質を理解することが大切です。自分の肌質が分かれば悩みの原因や対処法がわかるため、自分に合ったスキンケアに近づけることができます。自分の肌質やスキンケア方法がわからない場合は、肌診断や肌測定を受けてみても良いでしょう。

美肌への第一歩は自分の肌質を知り、肌質に合った適切なスキンケア方法でスキンケアを行うことです。自分に合ったスキンケアで、美肌を目指しましょう。

 

Read More

目立つ鼻の毛穴開き…その解消法とは?しっかり毛穴対策で接近戦に強くなる!

ファンデーションを塗っても、時間が経つと浮き出てしまう鼻の毛穴。鼻の毛穴は黒ずみや毛穴開きなど、悩みは尽きません。大事なデートや旅行の予定など、接近戦に自信のない方は、毛穴トラブルは今すぐにでも解決したいはずです。

ここでは、そんな鼻の毛穴トラブルの解消法について紹介します。また、鼻の毛穴トラブルの原因についても紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

 

鼻の毛穴トラブルの原因とは?

・いちご鼻

いちご鼻は、鼻に黒いポツポツができて目立ってしまう状態のことを言います。これは男女、年齢問わず気になる毛穴悩みのひとつ。いちご鼻の正体は、角栓だとされています。角栓が古い角質と混ざった状態で毛穴に詰まると、黒ずんでいちご鼻になってしまうのです。

角栓は、肌に皮脂が過剰に分泌されている場合や肌の新陳代謝が乱れている場合に起こってしまう状態で、これが酸化することによって、黒ずみが起こり、やがていちご鼻へと変化してしまうのです。

 

・毛穴開き

毛穴の悩みは黒ずみだけではありません。肌に凸凹のある毛穴開きも悩みのひとつとされています。毛穴が開いているとファンデーションで埋めることができずに目立ってしまったり、汚れが溜まりやすくなったり、角栓ができる原因に繋がります。毛穴が開いてしまう主な原因は、皮脂の過剰分泌です。鼻は顔の中でも毛穴の皮脂腺が多く、その割合は他の部分の約7倍と言われています。また、肌老化が原因によって毛穴が垂れ下がり、しずく型に広がってしまう場合もあります。最悪なのは、毛穴が広がることで、毛穴トラブルの負のスパイラルに陥ってしまうということ。

毛穴が開くことで、毛穴に皮脂や老廃物が詰まり、角栓ができて、詰まった毛穴が酸化し黒くなっていちご鼻になってしまうという悪循環が起こってしまうのです。そのため、毛穴開きのケアは早い段階で行う必要があります。

 

間違ったケアや癖は毛穴トラブルを引き起こす原因に!

シートなどの角栓ケアグッズを用いて、無理やり角栓を引き抜くことで、毛穴が余計に広がってしまうことがあります。そのため、無理やり角栓を取ることは避けましょう。

また、どうしても角栓ケアを行いたい場合は、ホットタオルなどで毛穴を開いてから始めると効果的です。

 

毛穴目立ちを解消する方法

・いちご鼻の場合

いちご鼻は毛穴に角栓が詰まってしまっている状態のことを言います。そのため、角栓がある限り、毛穴目立ちは解消されないと言えます。いちご鼻を解消するには、まず角栓を取り除く必要があるのです。しかし、角栓を取り除くシートなどは毛穴開きの原因になってしまいます。ここでおすすめしたい角栓ケアは、綿棒とオイルを活用してマッサージする方法です。

①綿棒にオイルを染みこませる。オイルはオーガニックのものがおすすめです

②洗顔、スキンケアの後、鼻にオイルを染みこませた綿棒をコロコロと転がしてマッサージする

③滑りが悪い場合はクリームなどで補助する

④角栓を取りたい時は、横を優しく押すと出てきやすくなる。どうしても取れない場合はダブル綿棒で対応する

以上の方法が、最も肌に優しく角栓を除去する方法だと言えます。綿棒を転がす際は、強く擦るのではなく、優しく転がすようにしましょう。

 

・毛穴開きの場合

毛穴の開きの原因は、主に皮脂の過剰分泌とされています。皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に老廃物が詰まり、毛穴自体が広がってしまいます。一度広がってしまった毛穴は硬くなり、なかなか元の状態に戻りにくくなることから、まずは毛穴を柔らかくすることが大切です。毛穴を柔らかくするには、保湿することが必要です。保湿され柔らかくなった毛穴は、以下の方法によって閉じるように働きかけることができます。

①収れん作用のある化粧品を使用する

②AHAや薬用炭などの有効成分が入った化粧品でケアを行う

③適切なクレンジング、洗顔を行う

④ピーリングやクレイパックを使用して、毛穴汚れを定期的に除去する

 

鼻の毛穴に効果的なケア方法とは?

正しい洗顔・クレンジング

どんな毛穴の悩みでも、毎日の洗顔とクレンジングは非常に重要です。毛穴の詰まりが気になる場合、ホットタオル後や入浴後、温かいスチームをあてた後など毛穴が開いた状態で洗顔するのが効果的です。これらのタイミングで洗顔を行うことによって、毛穴が開いた状態で洗浄することができるため、詰まった皮脂や角質が落としやすくなります。また、クレンジングを入浴前に行い、入浴後の毛穴が開いた状態で洗顔を行う「時間さクレンジング」などの工夫をするだけで、角栓の予防にも繋がります。

 

しっかりと保湿する

毛穴詰まりの原因となる皮脂の過剰分泌は、実は肌の乾燥によっても起こってしまいます。

肌の表面には、水分と油分が混ざり合うことで膜が張られ、肌を外的刺激から守る役割を担っています。しかし、水分不足などによってそのバランスが崩れてしまうと、肌を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあるのです。

また、肌が乾燥していると皮膚は硬くなってしまいます。皮膚が硬くなることで、新陳代謝は乱れてしまい、肌に老廃物が残りやすい状態になってしまうのです。そうなることで、毛穴に皮脂が詰まってしまい、角栓の原因となるため、肌の乾燥は避ける必要があると言えます。自分はオイリー肌だからと言って、日々のスキンケアを怠ってしまうと、かえって皮脂が増えてしまうこともあるため、毎日適切な保湿ケアを行うように心がけましょう。

保湿に効果的な成分として、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、ビタミンC誘導体、プラセンタなどが挙げられます。これらの成分は最近では多くの美容化粧品に配合されていますが、目的によっては配合されていない場合もあることから、毛穴悩みを改善したい場合は、これらの成分が配合されているものをなるべく選ぶようにしましょう。

 

鼻のマッサージを行う

毛穴詰まりには、マッサージも効果的です。ここでは、マッサージのやり方を紹介します。

①鼻や小鼻を縦や横にもみほぐす

②ブタ鼻を作り、5秒間キープする

③①と同じように鼻をもみほぐす

④鼻の穴に指を入れて、左右の小鼻を伸ばして5秒間キープする

⑤最後に①と同じように鼻をもみほぐす

この手順を数回繰り返すことで、鼻の毛穴は開きやすくなります。しかし、ここで注意してほしいのが、摩擦です。摩擦は、肌負担になってしまい、肌トラブルを引き起こす可能性があります。そのため、手を肌の上で滑らせないように注意しましょう。また、マッサージは3分ほどの時間で十分です。やりすぎに注意しましょう。

 

最後に

肌の悩みは人それぞれですが、鼻は顔の中心部分にあることから、毛穴トラブルが起こってしまうと他の箇所以上に気になってしまう部分です。また、皮脂の分泌量も多いことから、化粧崩れもしやすく、悩みは尽きない部分だと言えます。

ここまで、鼻の毛穴目立ちについて紹介してきましたが、毛穴トラブルを解消するためには、まずは自分の毛穴悩みを知ることが必要です。毛穴トラブルは、肌タイプや普段の生活習慣によっても改善方法が変わってくるため、自分自身に合った毛穴ケア方法を行うようにしましょう。

紹介した方法で、毛穴のないキレイな肌を目指して、接近戦に強い美肌を目指しましょう。

 

Read More

毛穴悩みはピーリングで解決しよう!

女性の肌悩みの中で特に多いとされているのが、毛穴の悩みです。いちご鼻や凸凹毛穴に悩んで、色々とケアしている女性も多いのではないでしょうか。

ピーリングは、毛穴ケアのひとつとされています。しかし、正しく行わなければ肌を傷めてしまう可能性もあります。ここでは、毛穴の悩みタイプに合った自宅でできる正しいピーリングケアの方法について紹介します。ぜひ参考にご覧ください。

 

ピーリングの種類とは

ここでは、まずピーリングの種類について紹介します。

 

ピーリング成分

・AHA

水溶性のグリコール酸やクエン酸、リンゴ酸といったフルーツ酸のことで、皮膚の結合力を弱めて角質をはがす性質を持っています。市販製品によく使用されています。

 

・BHA

主に脂溶性のサリチル酸が使用されています。脂質の多い毛穴やニキビにも適した成分です。

 

ピーリングのタイプ

・石鹸、ミルク、ジェル、クレイなど

皮膚を柔らかくして古い角質を取り除き、洗い流すタイプのことを言います。

 

・ジェル

肌に塗ってしばらくしてから擦ることで、ジェルが古い角質を絡めとって除去し、ボロボロとしたカスが出るタイプのものを言います。肌にとって刺激が強いことから、毎日の使用は避ける必要があります。

 

・拭きとり化粧水、美容液

洗顔後、保湿のための化粧水を使用する前に使う拭き取るタイプの化粧水や美容液です。肌に残った汚れや脂を取り除いて、後につける化粧水などの浸透を良くする働きを持っています。使い続けることで、古い角質が自然に剥がれ落ちやすくなると言われています。また、BHA配合の場合は、ニキビ予防や肌荒れ防止にも繋がります。強く拭き取ると摩擦で肌への刺激になってしまうため、注意が必要です。

・ウォーターピーリング(美顔器)

超音波の振動によって、ミスト状にした水の圧力で毛穴に詰まった角質を除去する方法のことです。細かな水の力だけなので、肌への負担が少ないピーリングです。エステでよく使用されていますが、自宅ケア用でも1~2万円で購入することができます。

 

タイプ別の原因と日常のケア方法

ここでは、毛穴トラブルのタイプ別に原因と日常生活の中でできるケア方法について紹介します。

 

タイプ別の原因

・黒ずみ毛穴

毛穴に詰まった角栓の先が黒ずんでいるのが、黒ずみ毛穴です。これは、毛穴に詰まった古い角質や皮脂汚れなどが、長時間空気に触れることで、酸化し黒くなっているもののことを指します。毛穴の入り口周辺が酸化した角栓の刺激を受けることで、メラニンが過剰に生成されて黒ずんでしまっている場合があります。メイク汚れや余分な皮脂をクレンジングや洗顔でしっかりと落としきれていないことや、紫外線にさらされることが原因となります。また、ストレスやタバコも酸化の原因になると言われています。

 

・角栓毛穴

詰まった角栓で毛穴が目立ってしまっている角栓毛穴の大きな原因は、乾燥によるターンオーバーの乱れと言われています。肌のダメージを修復しようとして、代謝が乱れて、皮脂の過剰分泌を招いてしまい、毛穴周辺に風医角質や老廃物が溜まってしまいます。余分な皮脂や古い角質、老廃物、落としきれていない化粧汚れなどが毛穴に詰まり、角栓になってしまいます。角栓は一度詰まってしまうと、毛穴を大きく広げてしまうため、角栓を取り除いたとしてもまたすぐに詰まってしまうため、注意が必要です。

 

・凸凹毛穴

肌がゴワゴワで毛穴周辺が凸凹した凸凹毛穴は、加齢や乾燥による代謝の低下が原因で起こってしまいます。古い角質と皮脂が混ざり合って、毛穴周辺で肥厚化してしまうせいで、毛穴も目立ってしまうのです。また、赤ニキビや黄ニキビなどのように、炎症が真皮層に達しているニキビを潰してしまうことで、真皮層の組織までがニキビの芯と一緒に流れ出てしまい、真皮層の一部がえぐり取られた状態となり、凸凹とした状態を作り出してしまう場合もあります。

 

・たるみ毛穴

毛穴が飛来でいちごの種のようなしずく型のたるみ毛穴は、乾燥が主な原因とされています。乾燥によって、肌のハリと弾力が失われ、毛穴周辺の肌の盛り上げ理がなくなってしまうことで、毛穴がむき出しになってしまうのです。そこに皮脂汚れなどが詰まってしまうと、毛穴の開きはますますひどくなってしまいます。また、肌を支える筋力の低下は頬の肉ごと垂れ下がってしまうため、毛穴がしずく型に縦に広がるという特徴を持っています。

 

日常のケア方法

・黒ずみ毛穴

AHAを含むピーリング石鹸やピーリングジェルなどで、酸化して黒ずんでしまった古い角栓や角質を取り除く必要があります。毛穴が詰まった状態では、どんなに良い化粧品を使用したところで、肌の奥に浸透させることができません。古い角質を除去することは、肌のターンオーバーの促進にも繋がります。ターンオーバーが促進されるとメラニンが排出され、くすみやシミの改善にも繋がります。ピーリングの後は、美白化粧水などのメラニンの生成を抑える効果を持つ美白化粧品でケアするのがおすすめです。また、再び角栓が詰まってしまうのを防ぐために、保湿成分も配合された美白化粧品で毛穴を引き締めることも大切です。

 

・角栓毛穴

角栓はホームピーリングだけでの改善は難しいと言われています。しかし、角栓のもととなる古い角質や余分な皮脂の蓄積を防いで角栓を予防することはできるため、今ある角栓毛穴をこれ以上大きくしない効果はあると言えます。また、ミルクやジェルタイプ、美容液タイプを使うことで、角栓が取れやすい状態へ導くことができます。定期的にピーリングを行いながら、肌を健康な状態に改善することで、角栓のできにくい肌、できてしまっても取れやすい肌を作ることができます。

角栓毛穴対策には、とにかく乾燥を防ぐことが重要です。徹底した保湿でターンオーバーを正しくして、余計な皮脂分泌や過剰な老廃物を防ぐようにしましょう。保湿を行うことで、毛穴周辺の肌もふっくらと柔らかくなることから、大きく広がってしまった毛穴も目立ちにくくなります。

 

・凸凹毛穴

凸凹毛穴は、まずピーリング石鹸やジェルで古い角質を落とす必要があります。美顔器を使うのもひとつの方法です。凸凹毛穴には、その後の保湿が非常に重要です。肌表面に分厚くつもり硬く張り付いてしまった角質を除去した後、保湿成分の高い化粧水や美容液でしっかりと保湿することで、ターンオーバーを促進し柔らかい肌へと変えることができます。

AHAを含んだピーリング美容液を使用することで、古い角質を溜めにくい肌へ導くことができます。しかし、ニキビ跡が原因の凸凹肌の場合は、崩れてしまった真皮層の組織を完全に元の状態に戻すことはできません。しっかりと保湿してハリと潤いのある肌にして、凸凹周辺お肌組織を柔らかくすることで、ある程度まではメイクで隠せるようになります。ニキビ跡による凸凹には、ニキビ跡専用の化粧水などを使うこともおすすめです。また、皮膚科でのケミカルピーリングや美容皮膚科での光治療なども凸凹をある程度目立たなくさせることができます。

 

・たるみ毛穴

たるみ毛穴は、凸凹毛穴と同様にピーリング石鹸などでまずは古い角質を除去する必要があります。その後、ターンオーバーを促進するピーリング美容液で肌を甦らせます。ここでもしっかりと保湿することが大切です。保湿はターンオーバーを正常に戻す効果を持っています。

 

やってはいけない失敗ピーリング

ここでは、ついやってしまいがちな、やってはいけない失敗ピーリングについて紹介します。

 

角栓を無理やり押し出す

指先や器具を使い、角栓を無理やり押し出すのはやめましょう。毛穴周辺の皮膚を傷つけてしまい、色素沈着を招きます。それによって毛穴がさらに広がって詰まりやすくなってしまいます。

 

毎日強いピーリングをやる

ジェルなどを塗って擦るとカスが出るタイプは、肌に摩擦負担をかけています。毎日やってしまうと肌が悲鳴を上げてしまうため、週1~2回程度にしましょう。ゴマージュやスクラブで角質除去する方法も肌刺激が強いため、毎日は避けましょう。

 

テープ・パック

テープやパックで角栓をはがすタイプのピーリングは、角栓だけでなく本来必要な表皮の角質まではがしてしまいます。肌が薄く弱い人にとって必要な角質まではがしてしまうため、肌トラブルを招く結果になります。また、詰まった角栓を無理やり引き抜くことから、毛穴をさらに広げてしまいます。どうしてもはがすパックをしたい場合は、終わってから必ず毛穴引き締めのためのケアを行いましょう。

 

アルコール成分でのケア

毛穴引き締めのケアとして、アルコール入り収れん化粧水の使用はおすすめできません。アルコールが蒸発する際に、肌にとって必要な水分も同時に奪われてしまい、肌乾燥による毛穴開きを起こしてしまいます。

 

最後に

毛穴ピーリングは、正しく行うことで毛穴目立ちを抑えることができます。しかし肌質に合った方法を正しく行わなければ、肌トラブルを招く可能性があることから、注意が必要です。

ピーリング=皮をむくという意味からも、強いピーリングをすると肌がツルツルになったり、角栓がごっそり取れたりと効果が目に見えるため、毎日やりたくなってしまいますが、負担が大きいことから週2~3回程度にとどめるようにしましょう。

Read More

クレンジングで簡単毛穴ケア!おすすめのケア方法とクレンジングを紹介します!

クレンジングは、スキンケアの第一歩として非常に重要なステップです。クレンジングがおろそかになると、毛穴が詰まったり、肌がくすんだりと肌トラブルのもとになってしまいます。

ここでは、特に毛穴汚れに効果的な正しいクレンジングの方法や注意点、おすすめのクレンジング3選について紹介します。

 

クレンジングと毛穴ケアの関係とは

クレンジングは、メイクを落とすだけではなく、実は美肌とも深い関係にあるとされています。表面の汚れを落とすだけでなく、古くなった角質や毛穴の汚れなども落として、美しい肌の状態を保つことを目的としています。

そのため、お化粧したのに、クレンジングをしないというのはもってのほかで、化粧する、しないに関わらず1日に1回はクレンジングをした方が肌にとっては良いとされています。

 

毛穴と美容の関係

肌の悩みとしてよく挙げられるのが、毛穴の悩みです。

毛穴は人によって大きさが異なるだけでなく、毛穴が開いたり、黒ずみになったりと肌のキレイさが毛穴によって左右されると言っても過言ではありません。

毛穴の大きさは、実は遺伝によって決まっており、毎日のスキンケアによってどうにかできる問題ではないと言います。しかし、スキンケアをしっかりと行うことで、毛穴が目立ちにくくなったり、黒ずみを改善したりすることができるのです。肌を引き締め、余計な老廃物を排出する役割を持つのがクレンジングです。

 

クレンジングの種類とは

クレンジングは、テクスチャーや肌タイプ、成分などによっても様々な種類のものがあります。

ここでは、テクスチャーによっての違いについて紹介します。

 

・オイルタイプ

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が大きく、濃いメイクをしてもしっかりと落とすことができます。伸びも良く使いやすいのが特徴です。

しかし、洗浄力が強い分、肌にとって必要な油分も落としてしまい、肌が弱い人には向いていないテクスチャーだと言えます。乾燥肌の方は特にオイルタイプのクレンジングを使った後に、乾燥がひどくなる可能性があります。

 

・リキッド&ジェルタイプ

リキッドやジェルタイプのクレンジングは、肌の奥まで入り込んで洗浄するというメリットがあります。特にジェルタイプのクレンジングの場合、肌に吸着して毛穴の汚れを吸い取ってくれると好評です。

しかし、洗浄力は中程度のため、濃いメイクをしている場合はしっかりと落としきれない可能性があります。またクレンジングのテクスチャーがさっぱりしている分、肌の乾燥には弱いと言えます。

 

・ミルク&クリームタイプ

ミルクやクリームタイプのクレンジングは、水分も含まれていることから、肌の乾燥対策に合ったクレンジングです。保湿成分がたっぷりと配合されていることも多いため、クレンジングしながら美容ケアもできるのがメリットと言えます。

しかし、洗浄力が弱く、ポイントメイクをしている場合には、別にクレンジングを使う必要があります。普段薄めのメイクをしている方は、ミルクやクリームタイプのクレンジングでスキンケアを行うのがおすすめです。

 

クレンジングの正しいやり方

せっかくクレンジングを行っていても、使い方が正しくなければお肌にとっては逆効果となってしまう場合があります。ここでは、クレンジングの正しいやり方について紹介します。

 

通常のクレンジング

ここでは、どんなテクスチャーのクレンジングを使う場合でも便利な、通常のクレンジング方法について紹介します。

まずはクレンジングをする前に手を洗いましょう。手の汚れをしっかりと落とすことで、肌に余計な雑菌がつくことを防ぐことができます。

次にポイントメイクをしている場合は、先に落としましょう。特にアイメイクや口紅をしている場合には、そこから重点的にクレンジングします。

時々濡れたままクレンジングができるという商品もありますが、多くの場合がクレンジングを乾いた手で行う方がしっかりとメイクを落とすことができます。

まずは皮脂の多いおでこや鼻からマッサージするように洗い、その後頬へと伸ばしていきます。指の腹や手のひらを使い優しく行うことを心がけましょう。

最後にクレンジングを流す際は、熱すぎず、冷たすぎないぬるま湯ですすぎます。熱いお湯ですすぐと、肌の刺激が強く、肌にとって必要な水分や脂分までも落としてしまう可能性があります。ぬるま湯でしっかりとクレンジングを落とした後は、清潔なタオルを使いギュッと押し込むように水分を拭き取ります。この際、ゴシゴシと擦らないように注意しましょう。

 

濃いアイメイクの落とし方

濃いアイメイクは、通常の方法以外にも特別にクレンジングを行う必要があります。目の周りや口の周りは皮膚が薄く、デリケートなため、できればアイメイク専用のクレンジングを使うようにしましょう。

濃いアイメイクを落とす場合には、コットンや綿棒を使うようにしましょう。コットンの中心部分にクレンジングを付けて、表面にある程度伸ばしてから目に押し当てます。この時、強く擦らないように気を付けましょう。目に押し当ててしばらく待ち、そっと拭き取ります。これをきちんと落ちるまで繰り返します。

 

クレンジングの注意点

クレンジングをする際の注意点は大きく4点あります。

まず1つ目は、しっかりと落とそうとして肌をゴシゴシと擦らないという点です。クレンジングは肌を擦るのではなく、クレンジング自体に含まれている洗浄力を活用し、優しくマッサージするのがおすすめです。

2つ目にクレンジング量は多めに使うという点。節約しようとして少量のクレンジング剤でクレンジングを行うと、肌の汚れを落としきれないことがあります。コスパを上げたい場合には、メーカーが定めた量を最低限使うようにしましょう。

3つ目に自分の肌に合ったクレンジングを使うという点。肌のタイプは人によって異なることから、流行っているからや友達に勧められたからという理由ではなく、自分に合ったクレンジングを使うように選ぶようにしましょう。

最後にクレンジングだけで終わらないという点です。保湿成分が入っているクレンジングを使って満足してしまう方もいるかもしれませんが、クレンジング後は肌の乾燥が気になります。そのため、化粧水や乳液などお肌のアフターケアを忘れないようにしましょう。

 

毛穴ケアにオススメのクレンジング

ここでは、毛穴ケアに人気のクレンジングを3つ紹介します。

 

①dプログラム ディープクレンジングオイル

dプログラムのディープクレンジングオイルは、低刺激なのが特徴です。アレルギーテスト済で、ニキビ対策にもなります。オイルですが、肌に乗せた瞬間にジワっと広がり、しっとりとした仕上がりになります。

 

②スキンビル ホットクレンジングオイル

スキンビルのホットクレンジングオイルは、比較的肌の強い方におすすめのクレンジングです。塗った瞬間から肌がじんわりと温かくなり、毛穴の奥に入り込んだ汚れをしっかりと落としてくれます。また、99.7%が美容液成分でできているという特徴もあり、クレンジングしながら美容ケアもできます。

 

③ファンケル マイルドクレンジングオイル

ファンケルのマイルドクレンジングオイルは、低刺激のため、デリケートな肌の方にもおすすめです。角栓クリアオイル配合なので、毛穴の汚れをしっかりと落として、潤いも残してくれます。

 

最後に

クレンジングは毛穴ケアには欠かすことができません。正しいやり方でクレンジングをすることで、美しい肌を維持することができます。ぜひ、ここで紹介した自分の肌タイプに合ったクレンジングを見つけて、正しいクレンジング方法で毛穴ケアを行って、美しい肌を手にいれましょう。

 

Read More

毛穴開きの原因とは?効果的な大人の毛穴引き締め方法を紹介します!

肌をキレイに魅せるには、毛穴ケアが大切です。しかし、一時的に毛穴が引き締まっても、翌日には効果がなくなってしまっていると悩む女性は意外と多いと言います。毛穴がずっと開いた状態だと、メイクのファンデーションが詰まってしまったり、透明肌から遠ざかったりしてしまい、キレイな肌とは言えません。

最近化粧ノリが悪い、乾燥しやすくなったと感じる方は、もしかしたら毛穴の引き締め力が不足しているのかもしれません。そんな方に大切なのは、メイクや化粧品を選ぶよりも自分に合った毛穴の引き締め方法を検討することです。

ここでは効果的な毛穴の引き締め方法についてまとめています。毛穴開きが気になる方はもちろんですが、透明肌を維持したい方も、ぜひ参考にご覧ください。

 

毛穴が開く原因とは

肌悩みの中でも最も気になるのは毛穴と答える女性は多くおられます。メイクで毛穴を目立たなくすることは可能ですが、どうしても凸凹として目立ってしまいファンデーションを塗ってもキレイに見えないこともあります。できることなら元の素肌からキレイに改善したいものです。ここでは、日常に潜む毛穴開きの原因について紹介します。

 

スキンケア方法や普段の食生活

季節によって肌が乾燥してしまう方やメイクノリが悪くなる方は、スキンケア方法が間違っている可能性があります。間違ったスキンケアは逆に肌に負担をかけてしまい、肌荒れの原因になることもあるため、見直す必要があります。また、普段の食生活の方よりは毛穴を大きく開く原因になることがあります。脂ものの多い食事やスナック菓子、夜遅くの飲食などは、毛穴や肌に大きなストレスを与えてしまい、肌トラブルを生みます。

 

皮脂量の多さ・乾燥

通常、肌の表面は肌を乾燥やダメージから守るために一定の皮脂が分泌されています。しかし、肌質によっては皮脂が過剰に出過ぎてしまう場合があり、毛穴が大きく開く傾向にあります。特に混合肌や脂性肌のアk田は毛穴に注目したケアが重要となります。

 

加齢

加齢は、肌のたるみを発生させてしまいます。肌のたるみは毛穴の開きの原因となります。加齢による毛穴の開きには、年齢に合わせたエイジングケアが大切です。

 

セラミドの不足

肌表面や内部には、水分が蒸発しないようにセラミドという成分が肌を保護したり、バリアを張ったりして肌を守っています。しかし、セラミドが不足してしまうと、毛穴は開きやすくなり、肌のキメも整わないことから、毛穴詰まりや肌荒れなどの炎症を起こす可能性があります。

 

毛穴引き締め方法4選!自分に合ったケア方法を!

ここからは、毛穴の引き締めに効果的な方法を4つ紹介します。この中から自分に合ったものを見つけて、正しくケアするように心がけましょう。

 

引き締め洗顔

これは、通常の洗顔ではなく、酵素洗顔という洗顔法を取り入れることによって、肌全体の引き締め効果を促す方法です。

まず、洗顔料はたんぱく質や脂肪を分解しやすいように、油分の少ない洗顔を選ぶようにしましょう。次に、ネットでしっかりと泡立てて泡洗顔を作ります。この時、できるだけ直接洗顔料を付けた手が顔に触れないように気を付けましょう。肌に触れるのは泡だけにしてください。優しく顔を泡でマッサージした後、冷たい水で顔を丁寧にすすいでいきます。その際、洗い残しがないようにゆっくりと流したら完了です。

 

収れん化粧水を使う

毛穴の引き締めに効果的な化粧水は、「収れん化粧水」です。収れん化粧水の主な成分はイタドリ根エキスやオウバクエキス、セイヨウハッカエキスなどです。これらの成分は毛穴を引き締めながら肌を柔らかくする効果を持っています。特にお風呂上りの乾燥が激しい時や、朝メイク前に薄く伸ばして塗ることで、毛穴が皮脂決まり、メイクノリも良くなると言われています。

 

保湿クリーム・炭酸パックで水分を閉じ込める

毛穴の引き締めには、保湿クリームや炭酸の低刺激パックで水分の蒸発を防ぎ、毛穴が開きにくくする方法もあります。肌の水分値はセラミド成分が不足している状態のため、水分量が多めの保湿クリームや炭酸パックで毛穴ケアをする方法もおすすめです。

 

体の保水方法

これは、洗顔と一緒に行うことで効果が上がると言われている方法で、水分を体に多く取り入れるケアのことを指しています。

肌の水分はスキンケアだけでなく、体からも補充されています。そのため、体自体が乾いた状態では、肌にも十分な水分が届かないことから、お風呂上りにコップ1杯や朝起きたらコップ1杯というように、飲む量を決めるようにしましょう。

1日の基本となる目安量は1.5~2リットルと言われています。こまめに水分補給を行うことで、肌を守ることができます。

 

毛穴引き締めの注意点

ここからは、毛穴引き締め方法に関わる注意点などについて紹介します。毛穴ケアをしようと思ったら準備のためにも必ず確認するようにしましょう。

 

毛穴の引き締めはまず「毛穴開き」から行う

毛穴を引き締めるためには、まず毛穴開きから行うことが大切です。毛穴の引き締めをいきなり行ってしまうと、逆に毛穴が開きにくくなることから、体の不純物や老廃物を皮脂から体外に出すデトックスができなくなり、肌荒れやむくみ、太りやすい体を作るなどデメリットに。毛穴開きには、スチーマーなどのグッズを使用したり、蒸しタオルを使ったり、湿度の高いお風呂で毛穴を解放的にしたりと様々な方法があります。

 

食生活の改善・血行促進

毛穴開きの原因として、食生活の方よりや寝不足などの生活習慣が挙げられます。

毛穴の引き締め方法も大切ですが、定期的に体のリンパを刺激し、血流を良くしたり、油ものやアルコールを控えたりするなどの食生活の改善も行うことで、毛穴が早く引き締まり、美肌効果が出るきっかけにも繋がります。

 

洗顔料の選び方

毛穴ケアとして、洗顔料の選び方も大切です。

まず、W洗顔が不要なもの、保湿成分が配合されているもの、毛穴洗浄成分が配合されているもの、無添加なものという4つを中心に選ぶことで、毛穴引き締め効果が現れやすいとされています。

 

基礎化粧品の選び方

基礎化粧品の選び方も毛穴の引き締めには重要です。基礎化粧品は、基本的にセラミドが配合されているもの、肌への浸透性が高い物、無添加なものという3つを中心に選ぶと効果が出やすいとされています。

 

温冷トレーニング

毛穴の引き締めで大切なことのひとつに、温冷トレーニングというものがあります。これは、温かいぬるま湯と冷たい水を交互に洗顔などで肌に充てることで、毛穴が早く引き締まり、メリハリのある肌を作ることができる方法です。毛穴の引き締めを行う際は、ぜひチャレンジしてみてください。

 

毛穴ケアに必要な栄養成分とは

ここからは、毛穴ケアに必要とされる成分について紹介します。保湿クリームや化粧水、皮脂を抑える美容液などで迷った際は、ぜひ参考にしてください。

 

ビタミンCやハマメリスエキス

ビタミンCはビタミン類の中でもコラーゲンの生成に必要な成分として知られています。そのため、毛穴や肌細胞のキメを整える働きを持つと言えます。また、肌の引き締めや消炎作用を持つのが、ハマメリスエキスです。これは、肌の引き締めや肌荒れの消炎作用も含むことから、免疫力を強くする効果を持つと言われています。

 

シラカバエキスや海塩

植物の白樺に含まれるシラカバエキスには、保湿効果や殺菌作用、血行促進の3つの効果があると言われています。また、調味料としても使用されている海塩は、収れん作用や引き締め効果を持ち、古くからうどんの引き締めにも使われるほど効果があったと言われています。

 

コラーゲンやセラミド

肌のターンオーバーを促進させるコラーゲンは、セラミドと相性が良い成分です。コラーゲンが肌細胞を構成し、セラミドは肌の水分を守り蒸発するのを防ぐ役割を持っています。皮脂と水分値の両方を同時に保つことは、非常に大切であることから、毛穴の引き締めにはこれらの成分は欠かせないものだと言えます。

 

最後に

毛穴の引き締めは、自分に合った方法で行うことが大切です。肌のメリハリは日々のスキンケアや栄養扶桑が主な原因として挙げられることから、スキンケアだけを見直すのではなく、普段の生活習慣も見直すことでより効果を得ることができるでしょう。

ここで紹介した毛穴引き締め方法の中でも、自分に合った毛穴ケア方法で、ぜひメリハリのなるツヤ肌を目指しましょう。

Read More

毛穴が黒ずむ原因とは?改善には日頃のケアの見直しが重要!

肌の悩みの中でも毛穴の黒ずみはからない上位に入る悩みとされています。どんなにしっかりとケアしているつもりでも、肌はなかなかキレイにならず、どのようなケアをすれば良いのかと悩んでいる方も多いことでしょう。ここでは、そんな毛穴の黒ずみ対策やケアの方法について紹介します。

 

毛穴の役割

毛穴の役割として最も有名なものは、汗や皮脂の他、体内の老廃物を排出するというものです。汗を出すことで、体温コントロールにも繋がります。

また、毛穴は外部の刺激から肌を守る役割も持っています。毛穴の奥には、皮脂腺と呼ばれる器官があり、そこから皮脂が分泌されることで、ほこりや感押すなどの外的刺激から肌を守る役割があるのです。

 

毛穴が黒ずむ原因とは

毛穴の中でも特に黒ずみやすく、目立ってしまうのが、鼻の毛穴です。原因として考えられるのは主に3つが挙げられます。

 

・角栓

毛穴に角栓が詰まると、毛穴は黒ずんで見えます。毛穴には、皮脂腺があり、ここから皮脂が分泌されます。皮脂は、紫外線やほこりなど、外部の刺激から肌を守る役割を持っています。そのため、正常に皮脂が分泌されている場合は問題ありませんが、過剰に分泌されてしまうと毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。

そこに落としきれなかったメイクや古い角質などが混ざることで角栓が発生します。この角栓が酸化することによって、黒くなり目立つようになってしまうのです。これが一般的にいちご鼻と呼ばれる状態です。

 

・メラニン毛穴

毛穴の皮脂が酸化して、色素沈着してしまった状態をメラニン毛穴と呼びます。特に紫外線によって皮脂が酸化することで、メラニン色素の生成が増えてしまいます。

 

・産毛の色素

毛穴の黒ずみの多くの原因は角栓と言われています。しかし、実は産毛が原因となることもあります。きちんとスキンケアを行っていても、黒ずみに改善が見られない場合は、産毛が原因の可能性が考えられます。産毛の色素が濃い場合、毛穴が黒く見えてしまうことがあるのです。

 

やってはいけない毛穴の黒ずみケアとは

毛穴の黒ずみの多くの原因は角栓とされていることから、目に見えるのでつい角栓を取ってしまう方も多いことと思います。特に毛穴パックなどは、目に見えてわかりやすく角栓が取れることからやりたくなる方も多くおられます。しかし、無理に角栓を取ることで、毛穴に穴ができてしまい、そこに皮脂が溜まりやすくなってしまいます。

このように間違った毛穴ケアを行うことで、肌を傷つけて、炎症を起こしてしまう可能性があるため、注意が必要です。

 

毛穴の黒ずみケアの方法

①角栓が原因の場合

・クレンジング

角栓ができてしまう多くの原因が落としきれていないメイク汚れです。特に毎日しっかりメイクを行う方はクレンジングでメイクをしっかりと落とす必要があります。すでに苦連人津を使用している方がほとんどだとは思いますが、それでも黒ずみが気になる場合は、オイルクレンジングを使用するのがおすすめです。オイルクレンジングは、ウォータープルーフのメイクや皮脂汚れなどもしっかりと洗い流す効果を持ちます。また、皮膚を柔らかくする効果も持つことから、角栓を自然に排出することが可能です。

肌が乾燥している場合は、クリームタイプのクレンジングを使用するようにしましょう。クリームタイプは肌に優しく乾燥しにくいという特徴を持っています。

 

・正しい洗顔を行う

洗顔は毎日行うものですが、黒ずみケアにとっては非常に大切です。毛穴が気になる場合は、洗顔方法を見直すようにしましょう。洗顔の基本は泡洗顔です。手のひらで洗顔料をしっかりと泡立てて、泡がクッションになるように優しく洗うようにしましょう。乾燥がひどい場所には、泡を乗せるだけでも問題ありません。その後、ぬるま湯で約20回しっかりと洗い流します。このすすぎ回数が少ないと洗顔料が肌に残り、肌トラブルを引き起こす場合があります。

洗顔料は、肌に合うものを選ぶようにしましょう。おすすめは最もシンプルな洗顔石鹸です。肌に余計な負担をかけることがない上、しっかりと汚れを洗い流すことができます。また、洗いすぎは逆効果になってしまうため、注意が必要です。洗いすぎると肌のバリア機能が低下してしまい、乾燥に繋がります。洗顔後は化粧水や乳液などでしっかりと保湿を行うのも重要です。

 

・オリーブオイルで角栓ケア

自宅で簡単にできる角栓ケアの方法として、オリーブオイルと綿棒を使用する方法があります。

①入浴後など肌が清潔で毛穴が開いている時に行ってください。まず綿棒にオリーブオイルを染みこませます。量が少ないとすべりにくくなってしまうため、たっぷりと染みこませるのがポイントです。使うオリーブオイルは不純物の少ないエキストラバージンオリーブオイルがおすすめです。

②綿棒で角栓が気になる部分をマッサージしましょう。綿棒を横に倒して、小鼻の上で回るように行います。力を入れず優しくなでるようにしましょう。

③マッサージを行った後、洗顔料でオリーブオイルを洗い流します。その際、オイルが肌に残らないように注意しましょう。

④最後に化粧水や乳液などで保湿ケアを行ってください。

 

・蒸しタオルで毛穴を開かせ汚れを落とす

角栓ケアを行う場合は、まず毛穴をしっかりと開かせることが大切です。蒸しタオルは毛穴を開かせたり、角質を柔らかくしたりする効果を持っています。蒸しタオルは自宅で簡単に行うことができるため、オリーブオイルでのケアの前に行うのが良いでしょう。

①タオルに水を含ませて、軽く絞ります。

②電子レンジで500W~600Wの場合30秒~1分ほど温めます。

③タオルを取り出して、温度に気を付けながら顔全体に当てます。約3分そのままの状態を保ちます。

④蒸しタオルが冷めてきたら洗顔を行いましょう。その後、化粧水や乳液で保湿ケアを行います。

 

②メラニン毛穴が原因の場合

メラニン毛穴の場合は、色素沈着の原因となるメラニンの生成を防ぐ必要があります。メラニンを排出するには、肌のターンオーバーを正常化させるようにしましょう。そのためにも生活習慣を整えて、軽い運動を行う必要があります。また、ビタミンCやビタミンE、リコピン、アスタキサンチンなど美肌のための栄養素を積極的に取るように心がけましょう。

 

・紫外線対策

紫外線はメラニンの生成を促進させてしまいます。そのため、メラニン毛穴の対策には紫外線対策は欠かすことができません。紫外線対策は夏だけでなく、一年中必要です。防止や日焼け止め、日傘などでしっかりと対策するようにしましょう。

 

③産毛が原因の場合

産毛が原因となる場合は、産毛を剃る必要があります。しかし、自分で行うと肌を傷つけてしまう可能性があることから、できればシェービングサロンなどで処理してもらうのがおすすめです。定期的にシェービングを行うことで、肌に透明感が出たり、くすみが取れたり、古い角質が取れたりするため、化粧ノリが良くなるといった効果も期待できます。

 

どうしても改善されない場合は専門医に相談を

自分でどれだけケアしても黒ずみが消えない場合には、皮膚科や美容皮膚科を受診するのもひとつです。病院では専門的な治療を行うことができる上、医師による施術なので安心感もあります。

 

・ピーリング

ケミカルピーリングとも呼ばれるこの方法は、ピーリング剤を肌に塗り、角質や表皮などをはがす治療法のことを指します。角質層ははがすことで、毛穴の詰まりを改善する効果を持ちます。また新しい皮膚の再生を促すため、キレイな肌を取り戻す目的としても使用されることがあります。ピーリングは、毛穴の詰まり以外にも、肌のくすみや小じわ、しみ、そばかすが気になる方にもおすすめの方法です。

 

・イオン導入

イオン導入とは、ビタミンCやプラセンタなどの成分に微粒電流を流すことでイオン化して、皮膚の奥まで浸透させていく方法のことを言います。直接成分を肌の奥にまで届けることから、化粧水を塗るよりも浸透を高める効果が期待されています。

黒ズミの改善や美白、ニキビ・肌荒れの改善、保湿など様々な効果が期待できます。

 

最後に

毛穴の黒ずみには、様々な原因が考えられます。まずは自分がどのような原因で黒ずんでいるのかをしっかりと認識した上で、正しいケアを行うようにしましょう。自分でケアしても改善が見られない場合には、美容皮膚科や皮膚科といった専門医による治療で改善する方法もあります。

日頃から毛穴が黒ずまない生活を心がけて、キレイな肌を目指しましょう。

Read More