クレンジングで簡単毛穴ケア!おすすめのケア方法とクレンジングを紹介します!

クレンジングは、スキンケアの第一歩として非常に重要なステップです。クレンジングがおろそかになると、毛穴が詰まったり、肌がくすんだりと肌トラブルのもとになってしまいます。

ここでは、特に毛穴汚れに効果的な正しいクレンジングの方法や注意点、おすすめのクレンジング3選について紹介します。

 

クレンジングと毛穴ケアの関係とは

クレンジングは、メイクを落とすだけではなく、実は美肌とも深い関係にあるとされています。表面の汚れを落とすだけでなく、古くなった角質や毛穴の汚れなども落として、美しい肌の状態を保つことを目的としています。

そのため、お化粧したのに、クレンジングをしないというのはもってのほかで、化粧する、しないに関わらず1日に1回はクレンジングをした方が肌にとっては良いとされています。

 

毛穴と美容の関係

肌の悩みとしてよく挙げられるのが、毛穴の悩みです。

毛穴は人によって大きさが異なるだけでなく、毛穴が開いたり、黒ずみになったりと肌のキレイさが毛穴によって左右されると言っても過言ではありません。

毛穴の大きさは、実は遺伝によって決まっており、毎日のスキンケアによってどうにかできる問題ではないと言います。しかし、スキンケアをしっかりと行うことで、毛穴が目立ちにくくなったり、黒ずみを改善したりすることができるのです。肌を引き締め、余計な老廃物を排出する役割を持つのがクレンジングです。

 

クレンジングの種類とは

クレンジングは、テクスチャーや肌タイプ、成分などによっても様々な種類のものがあります。

ここでは、テクスチャーによっての違いについて紹介します。

 

・オイルタイプ

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が大きく、濃いメイクをしてもしっかりと落とすことができます。伸びも良く使いやすいのが特徴です。

しかし、洗浄力が強い分、肌にとって必要な油分も落としてしまい、肌が弱い人には向いていないテクスチャーだと言えます。乾燥肌の方は特にオイルタイプのクレンジングを使った後に、乾燥がひどくなる可能性があります。

 

・リキッド&ジェルタイプ

リキッドやジェルタイプのクレンジングは、肌の奥まで入り込んで洗浄するというメリットがあります。特にジェルタイプのクレンジングの場合、肌に吸着して毛穴の汚れを吸い取ってくれると好評です。

しかし、洗浄力は中程度のため、濃いメイクをしている場合はしっかりと落としきれない可能性があります。またクレンジングのテクスチャーがさっぱりしている分、肌の乾燥には弱いと言えます。

 

・ミルク&クリームタイプ

ミルクやクリームタイプのクレンジングは、水分も含まれていることから、肌の乾燥対策に合ったクレンジングです。保湿成分がたっぷりと配合されていることも多いため、クレンジングしながら美容ケアもできるのがメリットと言えます。

しかし、洗浄力が弱く、ポイントメイクをしている場合には、別にクレンジングを使う必要があります。普段薄めのメイクをしている方は、ミルクやクリームタイプのクレンジングでスキンケアを行うのがおすすめです。

 

クレンジングの正しいやり方

せっかくクレンジングを行っていても、使い方が正しくなければお肌にとっては逆効果となってしまう場合があります。ここでは、クレンジングの正しいやり方について紹介します。

 

通常のクレンジング

ここでは、どんなテクスチャーのクレンジングを使う場合でも便利な、通常のクレンジング方法について紹介します。

まずはクレンジングをする前に手を洗いましょう。手の汚れをしっかりと落とすことで、肌に余計な雑菌がつくことを防ぐことができます。

次にポイントメイクをしている場合は、先に落としましょう。特にアイメイクや口紅をしている場合には、そこから重点的にクレンジングします。

時々濡れたままクレンジングができるという商品もありますが、多くの場合がクレンジングを乾いた手で行う方がしっかりとメイクを落とすことができます。

まずは皮脂の多いおでこや鼻からマッサージするように洗い、その後頬へと伸ばしていきます。指の腹や手のひらを使い優しく行うことを心がけましょう。

最後にクレンジングを流す際は、熱すぎず、冷たすぎないぬるま湯ですすぎます。熱いお湯ですすぐと、肌の刺激が強く、肌にとって必要な水分や脂分までも落としてしまう可能性があります。ぬるま湯でしっかりとクレンジングを落とした後は、清潔なタオルを使いギュッと押し込むように水分を拭き取ります。この際、ゴシゴシと擦らないように注意しましょう。

 

濃いアイメイクの落とし方

濃いアイメイクは、通常の方法以外にも特別にクレンジングを行う必要があります。目の周りや口の周りは皮膚が薄く、デリケートなため、できればアイメイク専用のクレンジングを使うようにしましょう。

濃いアイメイクを落とす場合には、コットンや綿棒を使うようにしましょう。コットンの中心部分にクレンジングを付けて、表面にある程度伸ばしてから目に押し当てます。この時、強く擦らないように気を付けましょう。目に押し当ててしばらく待ち、そっと拭き取ります。これをきちんと落ちるまで繰り返します。

 

クレンジングの注意点

クレンジングをする際の注意点は大きく4点あります。

まず1つ目は、しっかりと落とそうとして肌をゴシゴシと擦らないという点です。クレンジングは肌を擦るのではなく、クレンジング自体に含まれている洗浄力を活用し、優しくマッサージするのがおすすめです。

2つ目にクレンジング量は多めに使うという点。節約しようとして少量のクレンジング剤でクレンジングを行うと、肌の汚れを落としきれないことがあります。コスパを上げたい場合には、メーカーが定めた量を最低限使うようにしましょう。

3つ目に自分の肌に合ったクレンジングを使うという点。肌のタイプは人によって異なることから、流行っているからや友達に勧められたからという理由ではなく、自分に合ったクレンジングを使うように選ぶようにしましょう。

最後にクレンジングだけで終わらないという点です。保湿成分が入っているクレンジングを使って満足してしまう方もいるかもしれませんが、クレンジング後は肌の乾燥が気になります。そのため、化粧水や乳液などお肌のアフターケアを忘れないようにしましょう。

 

毛穴ケアにオススメのクレンジング

ここでは、毛穴ケアに人気のクレンジングを3つ紹介します。

 

①dプログラム ディープクレンジングオイル

dプログラムのディープクレンジングオイルは、低刺激なのが特徴です。アレルギーテスト済で、ニキビ対策にもなります。オイルですが、肌に乗せた瞬間にジワっと広がり、しっとりとした仕上がりになります。

 

②スキンビル ホットクレンジングオイル

スキンビルのホットクレンジングオイルは、比較的肌の強い方におすすめのクレンジングです。塗った瞬間から肌がじんわりと温かくなり、毛穴の奥に入り込んだ汚れをしっかりと落としてくれます。また、99.7%が美容液成分でできているという特徴もあり、クレンジングしながら美容ケアもできます。

 

③ファンケル マイルドクレンジングオイル

ファンケルのマイルドクレンジングオイルは、低刺激のため、デリケートな肌の方にもおすすめです。角栓クリアオイル配合なので、毛穴の汚れをしっかりと落として、潤いも残してくれます。

 

最後に

クレンジングは毛穴ケアには欠かすことができません。正しいやり方でクレンジングをすることで、美しい肌を維持することができます。ぜひ、ここで紹介した自分の肌タイプに合ったクレンジングを見つけて、正しいクレンジング方法で毛穴ケアを行って、美しい肌を手にいれましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です