毛穴が黒ずむ原因とは?改善には日頃のケアの見直しが重要!

肌の悩みの中でも毛穴の黒ずみはからない上位に入る悩みとされています。どんなにしっかりとケアしているつもりでも、肌はなかなかキレイにならず、どのようなケアをすれば良いのかと悩んでいる方も多いことでしょう。ここでは、そんな毛穴の黒ずみ対策やケアの方法について紹介します。

 

毛穴の役割

毛穴の役割として最も有名なものは、汗や皮脂の他、体内の老廃物を排出するというものです。汗を出すことで、体温コントロールにも繋がります。

また、毛穴は外部の刺激から肌を守る役割も持っています。毛穴の奥には、皮脂腺と呼ばれる器官があり、そこから皮脂が分泌されることで、ほこりや感押すなどの外的刺激から肌を守る役割があるのです。

 

毛穴が黒ずむ原因とは

毛穴の中でも特に黒ずみやすく、目立ってしまうのが、鼻の毛穴です。原因として考えられるのは主に3つが挙げられます。

 

・角栓

毛穴に角栓が詰まると、毛穴は黒ずんで見えます。毛穴には、皮脂腺があり、ここから皮脂が分泌されます。皮脂は、紫外線やほこりなど、外部の刺激から肌を守る役割を持っています。そのため、正常に皮脂が分泌されている場合は問題ありませんが、過剰に分泌されてしまうと毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。

そこに落としきれなかったメイクや古い角質などが混ざることで角栓が発生します。この角栓が酸化することによって、黒くなり目立つようになってしまうのです。これが一般的にいちご鼻と呼ばれる状態です。

 

・メラニン毛穴

毛穴の皮脂が酸化して、色素沈着してしまった状態をメラニン毛穴と呼びます。特に紫外線によって皮脂が酸化することで、メラニン色素の生成が増えてしまいます。

 

・産毛の色素

毛穴の黒ずみの多くの原因は角栓と言われています。しかし、実は産毛が原因となることもあります。きちんとスキンケアを行っていても、黒ずみに改善が見られない場合は、産毛が原因の可能性が考えられます。産毛の色素が濃い場合、毛穴が黒く見えてしまうことがあるのです。

 

やってはいけない毛穴の黒ずみケアとは

毛穴の黒ずみの多くの原因は角栓とされていることから、目に見えるのでつい角栓を取ってしまう方も多いことと思います。特に毛穴パックなどは、目に見えてわかりやすく角栓が取れることからやりたくなる方も多くおられます。しかし、無理に角栓を取ることで、毛穴に穴ができてしまい、そこに皮脂が溜まりやすくなってしまいます。

このように間違った毛穴ケアを行うことで、肌を傷つけて、炎症を起こしてしまう可能性があるため、注意が必要です。

 

毛穴の黒ずみケアの方法

①角栓が原因の場合

・クレンジング

角栓ができてしまう多くの原因が落としきれていないメイク汚れです。特に毎日しっかりメイクを行う方はクレンジングでメイクをしっかりと落とす必要があります。すでに苦連人津を使用している方がほとんどだとは思いますが、それでも黒ずみが気になる場合は、オイルクレンジングを使用するのがおすすめです。オイルクレンジングは、ウォータープルーフのメイクや皮脂汚れなどもしっかりと洗い流す効果を持ちます。また、皮膚を柔らかくする効果も持つことから、角栓を自然に排出することが可能です。

肌が乾燥している場合は、クリームタイプのクレンジングを使用するようにしましょう。クリームタイプは肌に優しく乾燥しにくいという特徴を持っています。

 

・正しい洗顔を行う

洗顔は毎日行うものですが、黒ずみケアにとっては非常に大切です。毛穴が気になる場合は、洗顔方法を見直すようにしましょう。洗顔の基本は泡洗顔です。手のひらで洗顔料をしっかりと泡立てて、泡がクッションになるように優しく洗うようにしましょう。乾燥がひどい場所には、泡を乗せるだけでも問題ありません。その後、ぬるま湯で約20回しっかりと洗い流します。このすすぎ回数が少ないと洗顔料が肌に残り、肌トラブルを引き起こす場合があります。

洗顔料は、肌に合うものを選ぶようにしましょう。おすすめは最もシンプルな洗顔石鹸です。肌に余計な負担をかけることがない上、しっかりと汚れを洗い流すことができます。また、洗いすぎは逆効果になってしまうため、注意が必要です。洗いすぎると肌のバリア機能が低下してしまい、乾燥に繋がります。洗顔後は化粧水や乳液などでしっかりと保湿を行うのも重要です。

 

・オリーブオイルで角栓ケア

自宅で簡単にできる角栓ケアの方法として、オリーブオイルと綿棒を使用する方法があります。

①入浴後など肌が清潔で毛穴が開いている時に行ってください。まず綿棒にオリーブオイルを染みこませます。量が少ないとすべりにくくなってしまうため、たっぷりと染みこませるのがポイントです。使うオリーブオイルは不純物の少ないエキストラバージンオリーブオイルがおすすめです。

②綿棒で角栓が気になる部分をマッサージしましょう。綿棒を横に倒して、小鼻の上で回るように行います。力を入れず優しくなでるようにしましょう。

③マッサージを行った後、洗顔料でオリーブオイルを洗い流します。その際、オイルが肌に残らないように注意しましょう。

④最後に化粧水や乳液などで保湿ケアを行ってください。

 

・蒸しタオルで毛穴を開かせ汚れを落とす

角栓ケアを行う場合は、まず毛穴をしっかりと開かせることが大切です。蒸しタオルは毛穴を開かせたり、角質を柔らかくしたりする効果を持っています。蒸しタオルは自宅で簡単に行うことができるため、オリーブオイルでのケアの前に行うのが良いでしょう。

①タオルに水を含ませて、軽く絞ります。

②電子レンジで500W~600Wの場合30秒~1分ほど温めます。

③タオルを取り出して、温度に気を付けながら顔全体に当てます。約3分そのままの状態を保ちます。

④蒸しタオルが冷めてきたら洗顔を行いましょう。その後、化粧水や乳液で保湿ケアを行います。

 

②メラニン毛穴が原因の場合

メラニン毛穴の場合は、色素沈着の原因となるメラニンの生成を防ぐ必要があります。メラニンを排出するには、肌のターンオーバーを正常化させるようにしましょう。そのためにも生活習慣を整えて、軽い運動を行う必要があります。また、ビタミンCやビタミンE、リコピン、アスタキサンチンなど美肌のための栄養素を積極的に取るように心がけましょう。

 

・紫外線対策

紫外線はメラニンの生成を促進させてしまいます。そのため、メラニン毛穴の対策には紫外線対策は欠かすことができません。紫外線対策は夏だけでなく、一年中必要です。防止や日焼け止め、日傘などでしっかりと対策するようにしましょう。

 

③産毛が原因の場合

産毛が原因となる場合は、産毛を剃る必要があります。しかし、自分で行うと肌を傷つけてしまう可能性があることから、できればシェービングサロンなどで処理してもらうのがおすすめです。定期的にシェービングを行うことで、肌に透明感が出たり、くすみが取れたり、古い角質が取れたりするため、化粧ノリが良くなるといった効果も期待できます。

 

どうしても改善されない場合は専門医に相談を

自分でどれだけケアしても黒ずみが消えない場合には、皮膚科や美容皮膚科を受診するのもひとつです。病院では専門的な治療を行うことができる上、医師による施術なので安心感もあります。

 

・ピーリング

ケミカルピーリングとも呼ばれるこの方法は、ピーリング剤を肌に塗り、角質や表皮などをはがす治療法のことを指します。角質層ははがすことで、毛穴の詰まりを改善する効果を持ちます。また新しい皮膚の再生を促すため、キレイな肌を取り戻す目的としても使用されることがあります。ピーリングは、毛穴の詰まり以外にも、肌のくすみや小じわ、しみ、そばかすが気になる方にもおすすめの方法です。

 

・イオン導入

イオン導入とは、ビタミンCやプラセンタなどの成分に微粒電流を流すことでイオン化して、皮膚の奥まで浸透させていく方法のことを言います。直接成分を肌の奥にまで届けることから、化粧水を塗るよりも浸透を高める効果が期待されています。

黒ズミの改善や美白、ニキビ・肌荒れの改善、保湿など様々な効果が期待できます。

 

最後に

毛穴の黒ずみには、様々な原因が考えられます。まずは自分がどのような原因で黒ずんでいるのかをしっかりと認識した上で、正しいケアを行うようにしましょう。自分でケアしても改善が見られない場合には、美容皮膚科や皮膚科といった専門医による治療で改善する方法もあります。

日頃から毛穴が黒ずまない生活を心がけて、キレイな肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です