セラミド配合化粧品の効果とは?選び方と使い方を紹介!

最近、保湿成分としてポピュラーになった「セラミド」ですが、実は人間の肌にもともと存在する成分で、肌のバリア機能を守る役割を持っています。

セラミドを配合した化粧品は、数多く存在していますが、どれを選べばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、より効果的なセラミド化粧品の選び方や使い方について紹介します。

 

セラミドとは?

セラミドが持つ役割

人の肌がもともと持っている成分「セラミド」は、主に肌の潤いを保つ、肌のバリア機能を高めて外的刺激から守るという2つの機能を持ちます。

この2つの機能は美肌に欠かすことはできません。セラミドが肌にしっかりと定着していれば、肌はみずみずしくキメ細かい状態を維持することができるのです。しかし、セラミドは年を取るごとに減ってしまうため、しっかりと補うことが大切です。

 

年と共に減少するセラミド

セラミドは、元々肌に存在する成分ですが、加齢や紫外線などの肌刺激、スキンケアなどによる過度の刺激によって減少してしまいます。このようにセラミドが減少してしまうと、シワや乾燥の原因となるだけでなく、バリア機能が弱まることによって刺激を受けやすくなり、肌トラブルが起こったり、肌のキメが粗くなったりと様々なエイジングサインが出てしまいます。こういった事態を避けるためにも、セラミドを補うことが大切です。

 

セラミドは化粧品での補給が効果的

セラミドは、牛乳やこんにゃくなどに含まれているため、食べ物でも摂取することができますが、スキンケアで外側から補給するのが最も手軽で効果的だといわれています。

洗顔に配合されている場合は、一緒に洗い流してしまうため、美容液などの基礎毛所品で補給を行うのが良いでしょう。

 

セラミド配合化粧品の選び方

セラミド配合の美容液やクリームで補給する

セラミドは、化粧水や美容液、クリームなど様々なものに配合されています。しかし、同じ化粧品でもタイプによってはセラミドの効果が変わってくる場合があります。

セラミドは油溶性の成分のため、水に溶けにくく油に溶けやすい性質を持っているため、化粧水などの水タイプのものに均一に混ぜることは難しく、効果が薄れてしまいます。

セラミドをしっかりと補給したいという場合は、オイルタイプの美容液やクリームなど油分がしっかりとあるスキンケアを選ぶことで、効果を実感しやすくなります。

 

セラミドの種類によって効果が変わる

セラミド配合化粧品を選ぶ際のポイントはもう一つあります。それは、セラミドの種類です。セラミドには人の肌に近いものと、そうでないものが存在しています。

ここからは主なセラミドの種類を紹介します。

 

・天然セラミド

ほ乳類から抽出されたセラミドのことで、人間の肌に馴染みやすく、比較的効果のあるセラミドです。

 

・バイオセラミド(ヒト型セラミド)

人間が本来持つセラミドと同じ構造と言われており、酵母を使って製造されています。これらのセラミドはセラミド2、セラミド3などと表記されています。ちなみに人間の肌には、11種類のセラミドが存在すると言われています。ヒト型セラミドの中でも使いやすく、効果が得られやすいと人気の高いものが、「セラミド1、2、3、6」です。原材料を確認し、このセラミドの名前が記載されているかを確認するようにしましょう。

 

・植物性セラミド

小麦やお米などから抽出されたセラミドのことで、ヒトが持つセラミドとは大きく構造が異なります。そのため、バイオセラミドなどと比較すると効果は薄いといえます。

 

・合成セラミド

石油由来の化学セラミドで、比較的安価で販売されています。しかし、化学合成品であるため、肌にとっては刺激が大きく、効果もあまり見込めません。

 

セラミドと言っても、様々な種類があるため、「セラミド配合」と記載されていたとしても全てが肌に良いというわけではありません。天然セラミドやバイオセラミドが配合されているかとしっかりと確認することが大切です。

また、セラミドは、あまりに高濃度な場合、肌に負担がかかってしまう可能性があります。使用する際はパッチテストを行ってから使用する方が安心です。

また、セラミド化粧品を選ぶ際のコツとして、商品の原材料一覧にセラミドの文字が表記されている順番を見るようにしましょう。前から10個以内にセラミドが表記されていれば、セラミドが高配合されているという証となるため、高い効果を期待することができます。

 

セラミドと相性が良く保湿効果の高いものを選ぶ

セラミドは油溶性の成分ではありますが、水分とも相性が良いため、保湿効果の高い化粧品を合わせて使用することで、相乗効果を得ることができ、より高い保湿力とバリア機能が期待できます。

セラミドと相性の良い成分は、保水力の高いヒアルロン酸や、保湿として有名なグリセリン、アミノ酸、ハリや弾力に効果的なコラーゲンなどがあります。

肌のバリア機能を高めるためには、水分補給は欠かすことができません。保湿をしっかりと行うことで、セラミドの効果も高まるため、セラミドが配合されていることがわかれば、次はこれらの成分が配合されているかを確認しましょう。

 

肌刺激が少ない成分を選ぶ

セラミドを補給しても、肌に負担がかかってしまう成分が入っているとその効果がしっかりと実感できない場合があります。エタノールや合成香料、合成着色料、合成界面活性剤などの成分が多く配合されている化粧品には注意しましょう。

こういった肌刺激の多い成分が多く配合されているか見極めるコツは、原材料一覧に記載されている順番を確認してください。最初の方にエタノールや合成着色料などの名前が出ていた場合は、注意が必要です。

 

効果的な化粧品の使い方

優しく触って摩擦を避ける

クレンジングや洗顔、化粧水などの全ての段階において、肌への摩擦を避けるように心がけましょう。せっかくセラミドを補給しても、前段階でダメージを与えてしまっては意味がありません。スキンケアを行う際は、指の腹を使って優しく肌に触れましょう。また、コットンなどを使用する場合は、水分をたっぷりと含ませて、肌を擦らないようにしてください。

しかし、優しく触れるからといって、メイクや汚れが残ってしまっては意味がないため、優しく触れながらもしっかりと汚れを落とすようにしましょう。そうすることで、スキンケアによって補給する成分が肌の奥にしっかりと浸透させることができます。

 

手で温めて肌に乗せる

クリームタイプなどは冷たくなってしまうため、セラミド配合の化粧品を使用する際は、手で10秒ほど温めてから肌に乗せるようにしましょう。そうすることで、肌馴染みが良くなります。

 

パッティングで浸透アップ

クリームなどを塗った後に、手を肌に密着させて化粧品の美容成分を浸透させることで、肌の奥に届けることができます。振動を与えることで、血行が促進されてより効果的だといわれています。こちらも肌の刺激にならないように、指の腹を使って優しく行うようにしましょう。

 

最後に

人間の肌にもともと存在するセラミドは、肌の保湿だけでなく、ダメージを受けにくいように肌を守る役割も担っている成分です。

しかし加齢やストレスなどによって減少してしまう成分のため、しっかりと補給することが大切です。

最近肌にハリがなくなった方や、肌トラブルが頻繁に起こるようになったという方は、セラミドをしっかりと補給するために、セラミド配合の化粧品を使用するように心がけましょう。セラミドの特徴を理解して、美しい肌を目指しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です